外壁塗装

外壁塗装の一般的な施工の流れ

木更津市の専門業者に依頼する外壁塗装には、一般的な施工の流れがあります。まず、住宅の周りに足場を組み立てます。木更津市では、汚れや塗料が飛び散らないように、家の周囲をメッシュネットで覆います。外壁塗装の前に、高圧洗浄で建物の汚れを流します。外壁塗装では、先に外壁の下地や目地、鉄部の補修を行います。外壁の継ぎ目のシールを撤去し、新しいシールを注入します。
目地に、粘度の高い液を出して埋めていく作業です。シールを伸ばして、目地を埋めて塞ぎます。戸袋や雨戸に錆びやはがれがあるときは、さびを取ってからさび止め塗料を塗って補修をするときれいに塗れます。塗装工事を行います。軒天から外壁の順に塗っていきます。下地の種類や外壁の劣化に合わせて塗る回数は変わります。
外壁塗装は、基本的には下塗りから中塗り、上塗りへと3度塗りを行います。上塗りの部分が完全に乾いてから全体を確認し、足場を解体します。
木更津市では、外壁塗装の際にきちんと養生を行います。ガムテープやビニール、布地を使って覆っておきます。塗料が他に付かないようにするためで、仕上がりがきれいになります。丁寧な作業で信頼性があり、美しい外壁に仕上げてくれるのでおすすめです。

Update Information